江戸一番のジャスタウェイ職人のブログ

江戸一番のジャスタウェイ職人

plantuml-serverの社内インスタンス

GCPでplantuml-serverをSSLで立てる場合、jettyのhttp-forwardedモジュールを有効化しないとリダイレクトURLが http になって使いづらいのでDockerイメージを作った。

github.com

  1. 上記のイメージをGCPプロジェクトにpush
  2. インスタンステンプレートに登録(この際、130.211.0.0/22, 35.191.0.0/16から8080への通信を許可する Firewall Rule を作成し指定)
  3. インスタンスグループを作成
  4. ロードバランサー、バックエンドグループ、ヘルスチェック(tcp:8080 /favicon.ico を指定)
  5. ロードバランサーの外部IPが出たらDNSでAレコード登録、続いてマネージドSSLを設定

この一連の手続きが簡単か煩雑かは意見が分かれるところかも知れない、そして、どうせ半年後には画面も名前も何もかも変わっていそう。

Serverless containersがbetaになればアクセスしない分には無料であれこれ立てられるので、早くそうなってほしい。

雑なツールに独自ドメインが必要かというのもあり、appspot.comの様なとりあえずhttpsでアクセス可能なドメインをCloud LBで持ってくれると私は嬉しい。

労働から解放されるには

税金支払い済みの2億円が必要だとして

年1000万円の手取りがあっても20年

時間を売るだけの働き方では至れない

技術や美術で生きてる人間なら著作物を創る仕事には著作物を創ることへの対価(安定)と、著作物を利用することへの対価(スケール)でハイブリッドな働き方が可能なのではと思っている

裁量労働は残業放題プランじゃない

何かできたらまた書きます

nodejsでOutlookの予定をぶっこぬ

github.com

Webを見ても makecert.exe という Windows にしかないコマンドが出てきたり なかなかまとまった情報がなかったので全部コードにしました。

アプリ登録は https://portal.azure.com ではなく https://aad.portal.azure.com からやると良いです。

Bot Framework を nodejs で書いていればスッと差し込めると思います、これで Outlook Bot が書き放題、やりましたね。

「○○さんが近況を投稿しました。」の通知解除に成功しました

私のお知らせ欄は「○○さんが近況を投稿しました。」で埋まっていました。

今までこの通知をオフにする方法がわからずにいたんですが今日遂に「コンピュータとモバイル」という項目で細かく設定できる事を発見しました。

https://www.facebook.com/settings?tab=notifications§ion=push&view

「最近送信されたお知らせの管理」から「オフ」にしていくとよいです。

f:id:s-aska:20170126232658p:plain

0バイトのaviator.sctが残っているとsafariで正常にhttps接続できない

otya.me

私も下記のようなスクリプトで *.sct を更新していてペンギンになっていました。

#!/bin/sh
KEY=/etc/letsencrypt/live/justaway.info/fullchain.pem
SCTS_DIR=/etc/letsencrypt/live/justaway.info/scts
CTSUBMIT=/usr/local/bin/ct-submit

sudo sh -c "$CTSUBMIT ct.googleapis.com/aviator \
<$KEY \
>$SCTS_DIR/aviator.sct"
sudo sh -c "$CTSUBMIT ct.googleapis.com/pilot \
<$KEY \
>$SCTS_DIR/pilot.sct"
sudo sh -c "$CTSUBMIT ct.googleapis.com/rocketeer \
<$KEY \
>$SCTS_DIR/rocketeer.sct"

スクリプトから aviator の更新部分3行を消して事なきを得たと思っていたんですが Safarihttps接続できない状態になっている事に後日気づきました。

sudo ls /etc/letsencrypt/live/justaway.info/scts/
-rw-r--r-- 1 root root    0 Jan  1 04:00 aviator.sct

aviator.sct の書き込みが失敗した状態(0バイト)で放置していると Safari ではhttps接続できない状態になるようです。

sudo rm /etc/letsencrypt/live/justaway.info/scts/aviator.sct
sudo service nginx reload

これで Safari でも接続できるようになりました。

Google Chrome や ssllabs 等では問題ないので外形監視していても気づかないと思います。

さよならJustaway

Justaway for Androidは2013年12月25日に公開されたAndroidTwitterクライアントです。

2016年9月7日現在、新しいアカウントでの利用は出来なくなっています。

Google Play Storeなどから累計インストール数など確認し、おそらく10万トークンの制限に達したものと判断致しました。

まず、2年9ヶ月もの間皆様にご愛用頂いた事、謹んで御礼申し上げます。

フィードバックやその他ご支援、いろいろな形で頂いたご厚意は、生きる糧そのものでした。

本来なら、お世話になった皆様方お一人お一人に、御礼を、感謝を、宴を、祝杯を、そう出来ればと、しかし、ままならないのも人生ですから、このエントリーをもって御礼とさせて頂きたいと思います。

 

本当に、ありがとうございました。

願わくば、来世はトークン数制限の無いSNSクライアントを開発しとうございます。

ではこれにて。

 

さようなら。

Macbook Proが帰ってきた

optionキーが押されっぱなしでログインも出来なくなっていたMacbook Pro、仕方なくGenius Bar

  • 8/24 11:00 Genius Bar 予約
  • 8/25 12:30 Genius Bar 持ち込み
  • 8/28 11:15 修理完了連絡、当日引き渡し

ディスプレイは磨き上げられキートップ(キーボード面一式)は全交換、ヘタっていたバッテリーも交換されほぼ新品となって帰ってきた。

費用: 39,000円(税別)

2012年6月29日購入のMBPなので4年以上ほぼ電源入りっぱなしで動いて壊れなかったと思うと大したものです。