江戸一番のジャスタウェイ職人のブログ

江戸一番のジャスタウェイ職人

nodejsでOutlookの予定をぶっこぬ

github.com

Webを見ても makecert.exe という Windows にしかないコマンドが出てきたり なかなかまとまった情報がなかったので全部コードにしました。

アプリ登録は https://portal.azure.com ではなく https://aad.portal.azure.com からやると良いです。

Bot Framework を nodejs で書いていればスッと差し込めると思います、これで Outlook Bot が書き放題、やりましたね。

「○○さんが近況を投稿しました。」の通知解除に成功しました

私のお知らせ欄は「○○さんが近況を投稿しました。」で埋まっていました。

今までこの通知をオフにする方法がわからずにいたんですが今日遂に「コンピュータとモバイル」という項目で細かく設定できる事を発見しました。

https://www.facebook.com/settings?tab=notifications§ion=push&view

「最近送信されたお知らせの管理」から「オフ」にしていくとよいです。

f:id:s-aska:20170126232658p:plain

0バイトのaviator.sctが残っているとsafariで正常にhttps接続できない

otya.me

私も下記のようなスクリプトで *.sct を更新していてペンギンになっていました。

#!/bin/sh
KEY=/etc/letsencrypt/live/justaway.info/fullchain.pem
SCTS_DIR=/etc/letsencrypt/live/justaway.info/scts
CTSUBMIT=/usr/local/bin/ct-submit

sudo sh -c "$CTSUBMIT ct.googleapis.com/aviator \
<$KEY \
>$SCTS_DIR/aviator.sct"
sudo sh -c "$CTSUBMIT ct.googleapis.com/pilot \
<$KEY \
>$SCTS_DIR/pilot.sct"
sudo sh -c "$CTSUBMIT ct.googleapis.com/rocketeer \
<$KEY \
>$SCTS_DIR/rocketeer.sct"

スクリプトから aviator の更新部分3行を消して事なきを得たと思っていたんですが Safarihttps接続できない状態になっている事に後日気づきました。

sudo ls /etc/letsencrypt/live/justaway.info/scts/
-rw-r--r-- 1 root root    0 Jan  1 04:00 aviator.sct

aviator.sct の書き込みが失敗した状態(0バイト)で放置していると Safari ではhttps接続できない状態になるようです。

sudo rm /etc/letsencrypt/live/justaway.info/scts/aviator.sct
sudo service nginx reload

これで Safari でも接続できるようになりました。

Google Chrome や ssllabs 等では問題ないので外形監視していても気づかないと思います。

さよならJustaway

Justaway for Androidは2013年12月25日に公開されたAndroidTwitterクライアントです。

2016年9月7日現在、新しいアカウントでの利用は出来なくなっています。

Google Play Storeなどから累計インストール数など確認し、おそらく10万トークンの制限に達したものと判断致しました。

まず、2年9ヶ月もの間皆様にご愛用頂いた事、謹んで御礼申し上げます。

フィードバックやその他ご支援、いろいろな形で頂いたご厚意は、生きる糧そのものでした。

本来なら、お世話になった皆様方お一人お一人に、御礼を、感謝を、宴を、祝杯を、そう出来ればと、しかし、ままならないのも人生ですから、このエントリーをもって御礼とさせて頂きたいと思います。

 

本当に、ありがとうございました。

願わくば、来世はトークン数制限の無いSNSクライアントを開発しとうございます。

ではこれにて。

 

さようなら。

Macbook Proが帰ってきた

optionキーが押されっぱなしでログインも出来なくなっていたMacbook Pro、仕方なくGenius Bar

  • 8/24 11:00 Genius Bar 予約
  • 8/25 12:30 Genius Bar 持ち込み
  • 8/28 11:15 修理完了連絡、当日引き渡し

ディスプレイは磨き上げられキートップ(キーボード面一式)は全交換、ヘタっていたバッテリーも交換されほぼ新品となって帰ってきた。

費用: 39,000円(税別)

2012年6月29日購入のMBPなので4年以上ほぼ電源入りっぱなしで動いて壊れなかったと思うと大したものです。

dropbox-api for cli も更新しました(1年以内にアップデートしないと爆発します)

cli から dropbox api にアクセスできる拙作のツールですが、これも Dropbox API v1 終了予告 に伴い v2 対応版を公開しています。

github.com

アクセストークンのアップグレードも必要なので、アップグレード後は手動で動作確認をお願いします。

アクセストークンのアップグレードは新しいバージョンでの初回起動時に自動的に行われます。